才・谷・庵

才谷屋が大好きな紅茶で一息つきつつ、語ってみます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱根駅伝。

 関西帰省最終日。さすがに三日続けてのお雑煮にいいかげん飽きがきはじめたよ(笑)おいしいんだけど、なんだろう。昔より味付けが濃い気がする。年とったからかなぁ。
 さて、才谷の正月の恒例行事のひとつに箱根駅伝を応援がある。関東にいるときは仕事がなければ現地にいって応援してるのだが、今年は残念ながらテレビ観戦。両親とのんびりリビングで昔の選手の話なんかしながらの応援だ。才谷の贔屓は山梨学院大学。もう箱根の常連校なのだけど、なかなか優勝してくれない(笑)往路は大抵毎年3位以内にいるのだけど、復路で失速してしまうのが常。もうくやしいくやしい。復路弱点ってわかってるのだから、なんとかしてもらいたい。まあ、プロ野球やサッカーとちがって移籍とかできないからむずかしいのかもしれないけどさ・・・。で、今年も結局同じパターンだったわけで切ないわ。たぶん、俺が箱根み続けてるのはここが優勝しないからだな、きっと(笑)
 んで、今年の箱根駅伝の総括を少し。予想外の事態が多かった。しかも、どちらかというとネガティブなかんじ。箱根駅伝史上、最多だった3大学の棄権。しかも、そのうち2校は優勝候補といわれた前年度覇者順天堂大学、そして東海大学だったのだ。どちらも中継所まであとわずかな地点での無念のリタイヤ。映像みてたけど、やはりこういうのは辛い。選手はがんばろうと気力ふりしぼるが、体がまったくついてこない。とてもじゃないが走れそうになかった。とてもやるせないね。観ているだけの才谷がそう思うのだから、当事者たちの無念さはいかほどなものか・・・。だか、一番辛いのはきっとその選手なわけで。たすきをつなげられなかった悔しさ、悲しさは苦い記憶になってしまっただろう。だけど、その選手たちにはこれからがあるのだから、そういう記憶にまけずにがんばってほしいよね。
 明るい話題ももちろんあった。往路優勝をはたした古豪早稲田の復活。そしてここ数年かちきれずにいた常勝駒沢の総合制覇だ。早稲田は地道に地力をつけてきたかんじで、主力が来年も残りそうで、来年こそは総合制覇をねらってくるだろう。一方、その大きな壁となるであろう駒沢大学。こちらも飛び抜けて早い人はいなかったけど、全員が高水準の早さだった。主力ものこるようだし、第二次黄金時代到来するかもしれない。監督さんも手応えをつかんだみたいな発言もしてたしね。さて来年はどうなることやら。
 というわけで、毎年色々な物語を紡ぎ出す箱根駅伝もおわった。これがおわるとそろそろ正月もおわりだなといつも思う。才谷も明日には我が家に帰るしね。夜は幼馴染みの家であほみたいに酒を飲み、最終日の夜は更けていきましたとさ。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/04(金) 15:47:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無事帰宅。 | ホーム | 梅田にて。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zillnear.blog23.fc2.com/tb.php/25-70f7b7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。