才・谷・庵

才谷屋が大好きな紅茶で一息つきつつ、語ってみます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

役者とスタッフの狭間で。

 すっかり寒くなってきたね。都内なんて最低気温は氷点下、最高気温でも一桁台なんて有り様。暑いのよりは寒い方が好きだけど、さすがに辛い。だ・け・どこんな天候でも、本番のさまってる役者達には関係ないっ!今日も今日とて劇団オグオブの稽古なのだ。
 さて、この本番一月前をきると、オグオブでは必ず一日に一度は通し稽古をやります。狙いは全体のテンポ調整、キャラの感情の流れの整理、小道具のうけわたし、そで(幕のなか)での移動などなど多岐にわたるわけ。で、各々の部署のチーフが指示をだしていくんだ。感情やテンポなどの芝居面、小道具は小道具部、そでの移動、舞台装置の説明は舞台班という感じ。
 才谷は参加してからずっと主に舞台班。今回の公演では舞台監督を外部からよんだので、基本的には才谷一人。舞台装置のデザインや尺度などを演出と相談。あとは円滑に稽古ができるようにたちまわっている。まあ、それがうまくできてたらいいのだけど、なかなか難しい。それを今日痛感させられた。
 今日、舞台監督が合流して、正式な図面を制作。特につくるものはないことは確認してたけど、いくつかの変更点もでてきた。それを役者につたえ普段の稽古から意識させなきゃいけない。舞台監督にもそう言われた。劇場はいってから、何度も説明させないでくれと。これは当たり前のことだ。でも、きっとわかってない役者がでるはずだ、経験上・・・。それをなんとかすることに才谷の器量が問われている気がする。がんばらなきゃ。指示したりするのは苦手だけどなぁ。
 役者なのにそんな事までするの?と思われるかもだが、これも小劇団ではさけられないことなんだ。いい経験になるし前向きでやっていきたいと考えてるよ。・・・でもね、もちろん不満もあるわけで。休みの役者の代役をしたり、全体の流れをみたり、役者なのに芝居に集中しにくい。だから、つらい。言い訳にはしたくないけど。まあ、あともう少しだし、がんばりますっ♪♪
スポンサーサイト
  1. 2008/01/20(日) 11:58:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その後ろに見えるもの。 | ホーム | 鹿男あをによし。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zillnear.blog23.fc2.com/tb.php/41-8d7469bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。