才・谷・庵

才谷屋が大好きな紅茶で一息つきつつ、語ってみます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

響くもの。

 お友達の娘さんのヴァイオリンの定期演奏会にいってきた。なぜ才谷が?とおもうだろう。俺もそうおもう(((^_^;)だけど、一人でいくのは恥ずかしいからと頼まれ、親子だろと突き放すも、なんでも来るなといわれてるとかで・・・。それがあまりにかわいそうだったし、次回の公演は必ず見に来る約束をしてくれたので、仕方なく渋々引き受けた・・・という演技をした(笑)

 さて、その発表会だけどなかなかのものだったよ。全体的にレベルはたかかった。ちゃんと練習したんだろうなぁというのがわかるくらい、年齢にしてはよく弾けてたのではないかな、と。ヴァイオリンは才谷はまったくできないので、これ以上のえらそうな批評は控えるけどね。

 でも、まだ小学生なのに感心してしまう。彼女たちと同い年の頃の才谷には、きっと真似できないにちがいないから。礼儀もただしかったしね。とても素直な子で、才谷がにはどうしても父親にくるなとかいうような子にはみえなかったね。何かしたんじゃないのかい?とききたくなりましたとさ(笑)だって、そう思うくらい演奏が心に響いたんだもん♪技術がたりなくても、誰かの胸に響く・・・そういう音楽、いや才谷の場合はそういう芝居がしたいものだね\(^-^)/
スポンサーサイト
  1. 2008/03/09(日) 23:02:47|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SAKURA | ホーム | そうぞうしい。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zillnear.blog23.fc2.com/tb.php/90-cec53033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。