才・谷・庵

才谷屋が大好きな紅茶で一息つきつつ、語ってみます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビンボーメン。

 最終回みおわった~。うんと、連ドラということもあり感想は全部みてからのがいいかなって、今まであえて書いてこなかったんだけど、ようやく書ける。

 まさに小栗旬君のための話だったね。バカなんだけど、どこかスケールの大きいいいひと。人から嫌われたくないため、人との繋がりが生きるためにかかせなあファクターだった彼は、いつのまにか借金がふくらんでいた。借金について何もわかってなかった彼は、同じく借金をしている人からある人物のことをきく。その人物は貧乏から成り上がった伝説の金貸しで、金こそ全て。金があればなんでもできるという考えで、ことあるごとに主人公を挑発し、無理難題をふっかけていく。まあ、最後には負けをみとめられないながら、なんとなく納得して借金をチャラにする。で、主人公とはいつのまにか友達のような雰囲気になってたりして。

 正直、脚本がどうかなぁと思う。主人公たてすぎ。そんだけできるやつが、なぜあんなに借金がふくらむのか理解にくるしむ。スケールがおおきいばかをやりたいのはわかるけど、ちょっとなんでもありすぎで共感できないな、主人公に。個人的には金貸しを演じたユースケのほうが共感できたし、安定してたね。彼はなにげに芝居うまいしね。でも、主人公との対比のわりにはあまりこまかく描かれてなくて残念。

 で、採点だけど。小栗旬君の初コメディ挑戦に敬意を表して70点かな♪
スポンサーサイト
  1. 2008/03/14(金) 13:19:25|
  2. ドラマ・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<SEED DESTINY。 | ホーム | 春の下にて春死なむ。>>

コメント

終わっちゃったね

結構注目してたのに、睡魔に勝てないことが多くて、見逃しばっかり。。。

ユースケ、よかったよね。
「何気にうまい。」賛成。
一番現実感があったから、彼のおかげでドラマの筋が通った感がありました。

表情が少ない役者だなあ、と小栗くんを認識していたので、そうじゃない表情ができるのを堪能させてもらいました。
  1. 2008/03/15(土) 16:26:31 |
  2. URL |
  3. のんゆり #-
  4. [ 編集]

 〉のんゆりさん

 小栗旬くんは「花より男子」のちょっとすましたナルシストみたいなイメージがつよかったんで、多少印象かわりましたね

 ユースケは昔やってた「アルジャーノンに花束を」をみてすごいなぁと感嘆したもんです(^^)v
  1. 2008/03/16(日) 17:19:11 |
  2. URL |
  3. 才谷屋 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zillnear.blog23.fc2.com/tb.php/95-ef875cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。